K-FACTORY & TG-RUN 共同開発
SUZUKI GSX-R1000 Diablo opium (ディアブロ・オピウム) 
どこの世界でも「プロ」の人間は、 いくら完成度の高いものを創りあげても現状では満足出来ないものです。 その「プロ職人」が存在する、あのケイファクトリーよりNEWモデルがリリースされました。 開発の段階から参加していた我々がケイファクトリーに要望した内容は、 「完全競技用 Diabloを越える最上機種モデルを完成度の高い車両である。 2003 GSX-R1000で製作をする。」といったものでした。 その時の開発コードネームが「opium」(阿片という意味)。 乗り手がスペシャリストであればあるほど魂を捕らわれ「虜」になってしまうフルエキゾーストという、 贅沢且つ我儘なツールを目的として開発、そしてこの度完成致しました。 マニホールドよりコニカルヘッド、そしてすぐにバイパスを組む。 更にテールパイプに向けチャンバーボックスを設け、最終部のサイレンサーでは、 テーパードの内径となっており、動力面での追求をストイックに行なわれています。  化学色調変化ではなく敢えて手間の掛かる職人による「火入れ」で全身を斑無くゴールドで装い、 同色のサイレンサーシェルと蒼いチタンステ-を装備。それは感嘆の息しか出ないでしょう。 正に「一度知ってしまったら、もう離れることが出来なくなる。」 その名の通り非常に危険であり且つ美しいエキゾーストがここに誕生しました。 製作するのは「より良いもの」 、目指すのは「Only One」  そしてより乗り手側を満足させる 「性能」と「所有感」の為、 ケイファクトリーと開発に携わるテクニカルガレージRUNにも決して「GOAL」は無いのです。
対応車種名: 2003 GSX-R1000 価格
\338,000(消費税抜)
\354,900(消費税込 )
集合方式 4-2-1
素材構成 EXパイプ コレクターボックス テールパイプ サイレンサー
チタン チタン チタン チタン
各部外径 φ38〜42.7 φ54 φ120×100 のオーバルサイレンサー限定
厚み t=0.8  t=0.8 内径 φ52から出口に向かいφ42へテーパード
バッフル あり
JMCA 非対応 オイルドレンボルト脱着
触媒 なし リペアパーツの供給 あり